歴史・民俗
2017年刊

蘆名騒動
―角館・御家断絶と再興事件―
江井 秀雄(えい ひでお)
A5判・147頁 定価1700円+税
ISBN 978-4-89544-631-0

東北の強大な戦国大名に成長した会津・蘆名氏。その後、悲運が続き常陸・佐竹氏から義広を迎 えるが、兄・佐竹義宣と共に秋田転封となる。そして義勝(義広を改名)は角館城主(一万五千 石)に任命されるが、三代で断絶。蘆名氏の波瀾 万丈の血脈を克明に描く歴史ドキュメント!

冊数

目次
序 章 武士社会の構造的変化 ─小都市角館に起こった御家断絶事件─
御家が潰れるということは
封建社会の仕組み
武士の精神構造

第一章 御家断絶 ─謎の幼少藩主の死─
幼少藩主、謎の死
秋田藩の事情
御家再興事件
たった一七人の御家再興運動

第二章 会津の名門蘆名氏の変遷 ─豊かなる地・東北─
豊かなる東北
治承・寿永の争乱から鎌倉政権の誕生へ
蘆名氏の勃興

第三章 会津から江戸崎・秋田へ ─没落の方程式─
常陸の佐竹氏と蘆名氏の関係
会津内部の紛争
伊達氏と東北の雄を競って
摺上原開戦前夜
蘆名家滅亡の要因
濃い血縁
蘆名・伊達の決戦
会津蘆名氏の終焉
70万石から4万8千石へ

第四章 佐竹氏を頼って常陸へ ─大名復活へ─
江戸崎獲得のチャンス
江戸崎城での13年

第五章 佐竹氏出羽の久保田へ ─厳しい処分─
佐竹氏の減封
徳川武断主義の現実

第六章 御家再興の幻想 ─血脈の不運と─
角館を城下に
城割りに見せる会津時代の意識
波乱の幕開け
千鶴丸の死
蘆名氏家名存続の難しさ
御家再興の約束反故に
御家再興に陰り
事が動き出す
蘆名家臣団への分断作戦
蘆名家臣団同士の意地と本音のぶつかり合い
御家再興派と反対派の対立
御家再興運動の結果、全てを失う一八士

第七章 会津に残った蘆名遺臣と秋田移住の遺臣 ─蘆名の家名復活に託された名誉挽回運動の本質─
没落した名家を取り巻く
見直される侍の精神構造と日本人の幻想

TopPageへ